テンションのあがらないときの対処

誰でもやる気がでないときがある

毎日家でゴロゴロしていたいってみんなが思ってると思います。私もそうです。というか、そういう生活をわりとおくっています。現状の生活に満足している、不満をもっている、仕事が山積み、仕事もすることもない、どんな状況であっても常にモチベーションを高く保っていられる人はまずいないでしょう。

目標はもっていますか?

やる気がでないときにモチベーションを高めることの1つに目標があります。こうなりたい、こうしたい、これだけ収入がほしい、あこがれの生活をしたい、という夢のようなものも目標としていいでしょう。あこがれの生活は自分には関係ないと思わず、目標をしっかり持って1歩ずつでもゴールに近づいていきましょう。

[sociallocker]

ゴールに向かう途中で何度も振り返ろう

でもゴールが果てしなく遠い、ゴールに近づいているのかどうかがわからないと感じることもあるでしょう。そういう時は過去を振り返ってみてみましょう、あの時から成長した自分が見つかるはずです。もし見つからないならばなにかを変える必要があります。みんなそれぞれ差はありますが目標と夢を持ってると思います。しかし、振り返ることが非常に重要です。とにかく1歩ずつ進んで自分自身に変化をつけていきましょう。そのためにメモや日記をとるべきです。

横道が大金につながっていることも

振り返ってみると目標へつながっていない道に進んでしまうこともあります。その時すぐさま本当の目標を目指して進むのもいいと思いますが、横道が正解ということもあるかもしれません。横道にそれるのは悪いことでしょうか?いいえ、そうではありません。目標を完全に見失って横道にまっしぐらではダメですが、進路が増えるのはまったく別です。可能性は多いほうがいいでしょう。あみだくじを引くならたくさん引きたいですよね。あたり確率をあげるために数撃つのも悪いことではありません。

[/sociallocker]

だらだらすることが一番もったいない

横道とだらだら過ごしたり、ゲームばっかりするのはまったく違います。ゲームで遊んでいても一般的には人生のゴールにはつながっていません。プロゲーマーは別ですが。映画をみて感性を磨く、素晴らしい音楽を聞いて過ごす、どれも私にとってはもったいないと思ってしまいます。だけど私自身も映画が好きだし、音楽が大好きです。リラックスするためには効率よく仕事をする必要があります。そのために普段からテンションをあげて効率よく目標に向かって1歩ずつ歩んでいきましょう。

コメントを残す